リファームSTによるたるみ治療

今回はeMaxのリファームSTというハンドピースをご紹介します。
画像


リファームSTは赤外線による皮膚表層の加熱とその後のRFによる真皮の熱エネルギーによってコラーゲンの産生とりモデリングを促し、肌の引き締め、ハリを与えるハンドピースです。
画像


以前はポラリスという機種があったようですが、これを進化させて痛みがほとんどなくより真皮の深いところまで熱を加えることができるようになっています。

一時的な浮腫効果により治療直後からハリを実感することが出来ますが、さらに定期的に繰り返すとコラーゲンが産生されて長期的な効果も得られると言われています。
画像
before
画像
after

画像


たるみの予防的には30代半ばから、治療的には40代以降の方にオススメです。
当院ではある程度シミ治療を行った方が次のステップとして希望されるケースが多いですね。
切らないたるみ治療機としてはサーマクールが有名で効果も高いと言われていますが、痛みとダウンタイム、そして何よりも治療が高額(1回20~30万円程度)ですので、痛みとダウンタイムがほとんど無いリファームは美容治療初心者~中級者向けといったところでしょうか。海外ではかなり人気のようですよ。